中古車選びの注目ポイント(メーカー、個人経営等)


中古車選びは多くに方々が経験することです。私も経験者の一人です。そこで、私が中古車選びをする際に得た知見を紹介させていただきます。
これはメーカーのディーラーを利用する際も、個人経営の車屋さんを利用する場合も同じです。

まず、一番大事なことは、乗り換える際に売値が付くということです。
売値が付くということは、金額や個人の主観次第な部分も多くありますが、車種によっては、中古車になることにより市場価格が急下落して売値がゼロになってしまうといったことも十分に考えられます。


例えば、普段街中であまり見かけない車種は新車・中古車市場にあまり出回っていないマニアックな車種(一部スポーツカー、クラシックカーは例外かもしれません)である可能性が高いので、中古車になっても買い手が少ないということになり、売値が下がる傾向にあります。


また、逆に普段街中で多く見かける車種(市場に非常に多く出回っている自動車)も売値が下がる可能性があります。

それは市場に多く出回っている分、手に入れやすい、価格競争相手も多い、売る人買う人が多い、という点に起因しています。ただし、市場の回転も速いので、良質の固体は見つかりやすいかもしません。
更に、同じメーカーからメーカーに乗り換える場合は例外も考えられるので注意が必要です。

乗りたい車に乗るということも大事ですが、乗り換えるときに売値が付かないのも考え物です。将来のことも考えて、幸せなカーライフを送りましょう。