ダイエットでは脂肪を減らすことが大切

ダイエットにおいては、脂肪を減らすことが極めて重要なポイントになります。

そしてこの結果、体重が減る、という流れになるのです。

体重が減ることはあくまで結果であり、最初から体重を減らすことだけを目的にすることは最適とは言えないのです。

脂肪は、『皮下脂肪』や『内臓脂肪』のほか、血液の中に含まれる脂肪分、細胞膜を形成する脂質などの総称です。



その脂肪の量が体重に占める割合を体脂肪率といいます。

ポイントは、この体脂肪率をコントロールすることです。

消費エネルギーと摂取エネルギーのチェックをしながら、体脂肪率を適性値に抑えることで、健康的な美しいからだをキープすることができるのです。

まずは、基礎代謝消費の主となる筋肉量を減らさず、脂肪を減らすことを意識したダイエット方法をとることがベストになります。筋肉量を減らさないために、しっかりとたんぱく質などの筋肉の元になる栄養素を摂り、運動をして増やすことがポイントになってきます。



そして、過剰なカロリー摂取を控え、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動で脂肪を効率的に減らすことです。


このようなダイエット方法を選択すると、基礎代謝の低下を防ぐこともできますし、リバウンドもしにくくなるのです。



このようなダイエット方法はすぐには結果が見えにくく、ゆっくり時間をかけて痩せていく傾向にありますが、『短期間でリバウンドをすることが少ない』ということも特徴と言えるのです。